TOKYO FM MUSIC VILLAGE|LIVE REPORT

LIVE REPORT

8/5(土) BURGER NUDS @新代田FEVER

BURGER NUDS tour 2017 「Act 2 或いは Act 3」

2004年に解散し、2014年から再び動き出したBURGER NUDSが14年ぶりのアルバム『Act 2 或いは Act 3』を2017年6月7日に発売、それに伴い東名阪でのワンマンツアーを開催すると発表したのが今年4月のこと。2014年6月21日に恵比寿のリキッドルームで、10年間CD音源としてだけ聴いていた楽曲たちとともに披露された新曲を聴いた時から、この日が来るのをずっと待っていた。きっと会場には、そういう想いで来場した人が多かったと思う。

メンバーが静かにステージに現れ、アルバムの1曲目『コミュニティー』からライブは始まった。2曲目は『Methods Of Dance』で、このまま『Act 2 或いは Act 3』の曲順に沿って進むかと思いきや、3曲目で『歪み』、そこからさらに『BRAVE GIRL IN HELL』『ANALYZE』と2004年解散以前の曲が続き、会場の熱が上がるのを感じた。

そこからの『Act 2 或いは Act 3』の曲と過去の楽曲を織り交ぜた流れの中では、演奏中に手拍子が起こるでもなく、演奏が終わるごとに大きな拍手が起こるわけでもなく、時折、演奏終わりに門田(Gt. & Vo.)が「ありがとう」と短く言うだけでMCもほとんどなかったが、曲と曲の間の沈黙は心地よく、演奏された楽曲への余韻や、次はどの曲が聴けるのだろうという期待で息をするのも忘れてしまいそうだった。

終盤に近づいてきた頃、門田が口を開き、この日初のMC。「あの、中二病って言葉があるの、知ってますか?」と質問を投げかけた。フロアからは控えめに笑い声が漏れ、「これからやる曲のことなんだけど…俺が最初で最後の中二病だよ、他のバンドなんて全然…中二にすらなってない」と、自虐なのか誇りなのかわからないような口調で話し『冷たい水』が、そして本編最後には、アルバム最後の曲でもある『言葉と心』が演奏され、メンバー3人はステージを後にした。

アンコールでは過去のアルバム『symphony』に収録されている『boys in blue』と、BURGER NUDS初期からの代表曲『ミナソコ』が、さらにダブルアンコールでは『遺失物取扱い係』と、19歳の時に作られた曲でBURGER NUDSがBURGER NUDSになったという『COLD BURN』が演奏され、ずっと大好きだった音楽が今もまったく色褪せずに心を揺さぶり続けていることを確かに感じた。

深い水の底のような冷たさと青く静かに揺れる炎のような熱を併せ持った楽曲たちが、自分の心の中にある、いちばん純粋な気持ちの輪郭をなぞっていくような、そしてその形を確かめることができたような、そんな気持ちになった夜だった。
11月には自主企画「Pure vol.1」の開催も決定したBURGER NUDS。今後の活動にも注目していきたい。

(MUSIC VILLAGEスタッフ しみず)
撮影:野田雅之

<セットリスト>

01 コミュニティー
02 Methods Of Dance
03 歪み
04 BRAVE GIRL IN HELL
05 ANALYZE
06 記号化(NONONO)
07 絶滅危惧種のペンギンたちが可哀想
08 NERD
09 逆光
10 エコー
11 Lesson
12 感想文
13 酸素
14 タネリ
15 AM 4:00
16 自己暗示の日
17 冷たい水
18 言葉と心

EN01 boys in blue
EN02 ミナソコ

WEN01 遺失物取扱い係
WEN02 COLD BURN

<リリース情報>

Act 2 或いは Act 3
アルバム『Act 2 或いは Act 3』
2017年6月7日発売
CD / UKCD-1167 / 2,600円(税別)

<イベント情報>

【Pure vol.1】
2017年11月19日(日)東京・新代田FEVER
OPEN 17:30/START 18:00
<出演>
BURGER NUDS/ART-SCHOOL/カフカ
<チケット>
料金:前売3,000円 / 当日3,500円
税込・ドリンク代別途・オールスタンディング
一般:9月30日(土)~
チケットぴあ 0570-02-9999[Pコード341-030]
ローソンチケット 0570-063-003[Lコード70443]
イープラス http://eplus.jp
新代田FEVER店頭

<BURGER NUDS Official Site>

http://burgernuds.jp/