Mの世界スタッフブログ

バイノーラルマッサージ『GARDEN』は『電影少女』でいうところの『GOKURAKU』。

2020.09.10 (木)



「Mの世界」の裏側で起こっている出来事を…以前、自分がディレクターを担当していた番組の最終回収録にサプライズでお花を持っていったら、そんなにビックリされなかった事がショックで家から出れず、現在リモートワークで綴っております。

さて、今週のラジオ業界はまさにスペシャルWEEK禍。
月曜日の朝を持って戦いの幕が切り落とされ、ついにゴングが鳴った!
ラジオに飢えた亡者たちが不気味に微笑む一週間。そんな気合をいれて取り組んで行かなければいけない最中、力石の鋭いアッパーのように強烈に飛び込む番組改編作業! まさに肉を切らせて骨を切る!
スウェーバックで交わしつつも激しい怒りに身を震わせ「Mの世界」は声優・アーティストの早見沙織さんをお向かえしました。
水樹奈々・早見沙織・バイノーラルマイクという、トリプルクロスで挑んだMのスペシャルWEEK!
結果はどーなる! あしたはどっちだ!?

というわけで…今回の「Mの世界」ではあまり早見さんの楽曲のお話ができなかったので、
改めてこちらの方に収録曲記載させて頂きます。

早見沙織さんのミニアルバム『GARDEN』は9月2日に発売!
アーティストデビュー5周年記念の第2段ミニアルバムとなります。

1.「garden」
作詞・作曲:早見沙織/編曲:冨田惠一(冨田ラボ)

2.「瀬戸際」
作詞·作曲:早見沙織/編曲:松本良喜

3.「やさしい希望(Bossa Nova)」
作詞.早見沙織/作曲:矢吹香那/編曲:増田武史

4.「Akasaka5」
作詞・作曲:早見沙織/編曲:清水哲平

5.「glimmer」
作詞・作曲:早見沙織/編曲:岡部啓一(MONACA)

早見さんの作詞作曲ももちろんときめいてしまうのですが、アレンジ・編曲家の方々のお仕事も素晴らしく、少し自分の心がざわついてるなと感じたら聴いて頂きたい、アロマのような1枚です! そして来週は早見さんとの音楽対談です! お聴き逃し無く。

ちなみに早見さんが演じる個人的に好きなアニメーションのキャラクターは「Mの世界推薦図書」にもなっています『甘々と稲妻』の飯田小鳥ですな!
私個人はいつでも“つむぎ”が家に来ても良いように、今日も飯を炊く日々です。
(写真は関連会社の先輩の知り合いの山から採れた、たけのこを使用した混ぜご飯)

番組メッセージも引き続きお待ちしています。
メルマガ「Mの穴」では、水樹奈々に取り上げてもらいたいテーマなどを募集しています。
是非、番組サイトからお送り下さい。

(ヲタッフゆうちゃん)
ページトップへ